• HOME
  • >
  • 食品原料マリンプラセンタ
  • >
  • 製品概要

製品案内 製品資料ダウンロード 製品に関するお問い合わせはこちら

食品原料マリンプラセンタ(MP)®

製品概要

鮭卵巣膜から独自の製法により抽出・精製した海洋性プラセンタ様物質です。
アミノ酸、コラーゲン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、核酸、エラスチンなどを含有した食品原料です。
特許(3件)を取得しています。エビデンスをご参照ください。

食品原料マリンプラセンタ 成分図
トレーサビリティの確立
  • ・天然国産の鮭を由来とし、国内工場で製造しているので生産履歴が追えます。
安全性データ
  • ・抗生物質、農薬、PCB、重金属、ダイオキシンについては残留検査をしています。
  • ・単回経口投与毒性試験
  • ・復帰突然変異試験
エビデンス
  • ・美肌に関する試験(シワ改善、肌弾力改善など)
     (条件:サプリメント摂取による評価試験)
  • ・血液検査(IGF-1値上昇に伴うアンチエイジング効果)
  • ・加速度脈波測定(末梢血液循環改善)
  • ・血液検査(更年期障害改善)
  • ・毛髪成長促進についての試験研究(育毛効果)
  • ・線維芽細胞賦活作用
  • ・Ⅰ型コラーゲン産生促進作用
  • ・抗酸化作用
特許
  • ・肌荒れ改良剤の特許(特許第 3899116 号)…美肌効果の特許
     ※ 上記日本特許の他、韓国でも特許を取得しています。
  • ・IGF-1値上昇剤の特許(特許第 3946238 号)…アンチエイジング効果の特許
     ※ 上記日本特許の他、韓国でも特許を取得しています。
  • ・加速度脈波加齢指数上昇剤の特許(特許第 3946239 号)…末梢血液循環改善の特許
     ※ 上記日本特許の他、韓国でも特許を取得しています。
用途

ドリンク、ゼリー、打錠品、ハードカプセル、ソフトカプセル、チュアブルなどにご利用いただけます。

「マリンコンドロイチン」「マリンプロテオグリカン」「マリンプラセンタ」「マリン乳酸菌」
「マリンアパタイト」は株式会社日本バリアフリーの登録商標です

当サイト上に掲載されている当社で取扱う製品またはサービスの名称等は、当社の商標または登録商標です。
当社の登録商標の使用を希望される場合には、当社への事前の連絡及び当社の許諾が必要となります。
当サイトに掲載される全ての表現(文章・イラスト・画像等の表現)には著作権が存在します。
当社の許可を得ずに、複製・無断転載・放送等の行為を行う事は著作権法及びその他の知的財産権法に基づく処罰の対象となります。

※当社製品を配合した健康食品・化粧品等の表示・広告宣伝は関連法規に従ってください。

当サイトにリンクを張る場合は事前に当社までご連絡をお願いいたします。

ページトップ へ